能代市 JAXAなどと水素研究開発拠点プロジェクト立ち上げ

能代市はJAXA=宇宙航空研究開発機構などとともに、脱炭素燃料として注目される水素に関する研究開発の拠点づくりを目指すプロジェクトチームを立ち上げました。

これは19日、能代市、JAXA、秋田大学、早稲田大学でつくるプロジェクトチームが能代市役所で記者会見を開き、明らかにしました。

構想によりますと、能代市はJAXAの能代ロケット実験場にある液体水素の貯蔵タンクから発生する「ボイルオフガス」と呼ばれる気化した水素を回収し、再利用するための施設を整備し、そこで集めた水素に圧力をかけて高圧水素ガスとして企業や研究機関へ提供するとしています。

また、将来的には、企業や大学などによる共同の研究施設や教育施設の建設も視野に入れ、水素を活用した脱炭素エネルギー開発の拠点づくりを目指したいとしています。

能代市では今年度中に、企業のニーズの把握など構想実現のための調査を実施し、来年度の予算化に向けて準備を進めたいとしています。

プロジェクトについて、能代市の斉藤滋宣市長は「能代市にJAXAの実験場があるということは大きな強味です。水素の活用は時代の要請であり、その中心に能代がなっていけるようにしたい」と話しています。