県内大雨のところも 海上中心に強い風 土砂災害・暴風に警戒

寒冷前線の影響で、秋田県内は大雨となっているところがあります。
気象台は土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水、それに海上では強風と高波に注意するよう呼びかけています。

秋田地方気象台によりますと、オホーツク海にある低気圧から寒冷前線が日本海にのびていて、5日未明にかけて東北地方を通過する見込みです。

このため、県内では大雨となっているところがあり、4日午後8時までの24時間に降った雨の量は、大館市陣場で101.5ミリ、八峰町で83ミリ、藤里町で71.5ミリなどとなっています。

県内は引き続き、多いところで1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあり、5日午後3時までの24時間に降る雨の量は、多いところで70ミリと予想されています。

また、県内では海上を中心に強い風が吹き、秋田市では午後5時25分に24.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

風のピークは過ぎたものの、しばらく強い風が吹く見込みで、4日予想される最大風速は、▽沿岸で15メートル、▽内陸で10メートル、最大瞬間風速は、▽沿岸の海上で25メートル、▽内陸で20メートルとなっています。

4日予想される波の高さは4メートルです。

気象台は、沿岸では土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水、海上では高波に注意するよう呼びかけています。