今月29日全国一斉販売 新ブランド米サキホコレの収穫ピーク

今月29日に全国で一斉に販売が始まる秋田県の新たなブランド米、「サキホコレ」の稲刈りがピークを迎えています。

秋田県が9年の歳月をかけて開発した新たなブランド米「サキホコレ」は、粒が大きくて粘りがあり甘みも強いのが特徴で、今月29日全国で一斉に販売が始まります。

いま、「サキホコレ」を植えた田んぼでは稲刈りがピークを迎えています。

このうち大仙市高梨の田村政紀さんの田んぼでもサキホコレの稲刈りが行われ、黄金色に実った稲穂がコンバインで次々と刈り取られていきました。

田村さんは「ことしは天気が悪かったが稲が倒れずにすんでほっとしています。私たちも一生懸命作ったので新たなブランド米をいっぱい食べてもらいたい」と話していました。

県によりますと、「サキホコレ」はことし742ヘクタールで作付けし、およそ4000トンの販売を見込んでいるということです。