洋上風力発電「促進区域」に 男鹿市 潟上市 秋田市沖を指定

洋上風力発電の導入拡大を目指す政府は、法律に基づいて重点的に整備する「促進区域」に、新たに3つの海域を指定し、県内では、「男鹿市、潟上市、秋田市沖」が指定されました。
今後、発電事業者を選ぶための公募手続きが行われることになります。

政府は30日、洋上風力発電の「促進区域」に秋田県の「男鹿市、潟上市、秋田市沖」と長崎県西海市江島沖、それに新潟県村上市と胎内市沖の3つの海域を新たに指定しました。

「促進区域」は政府が洋上風力発電に適した海域をあらかじめ定め、法律に基づいて重点的に整備する区域のことで、今後、発電事業者を選ぶための公募手続きが行われることになります。

落札した事業者は、最大で30年間、その海域で優先的に事業を行うことが認められます。

県内では、これまでに「能代市・三種町・男鹿市沖」と「由利本荘市沖」の2か所ですでに事業者が決まっていて、2030年までに風車合わせて103基を建設する計画です。

政府は現在、事業者を選ぶ際の評価基準の見直しを行っていて、新たな基準が決まり次第、今回指定された3つの海域などについて年内にも公募を始めたい考えです。