暗号資産の投資話で約1500万円被害 詐欺事件として捜査

秋田市に住む60代の男性が、SNSで知り合った人物から暗号資産の投資話を持ちかけられて、あわせておよそ1500万円をだまし取られたとして、警察が詐欺事件として捜査しています。

秋田中央警察署によりますと、秋田市に住む60代の男性は、SNSで知り合った人物から暗号資産の投資サイトを紹介されたあと、指示に従ってことし7月から今月にかけてあわせておよそ1500万円を振り込み、だまし取られたということです。

男性は、この人物から「8000万円ほどの利益が出ていて、出金のためには両替料、保険料、税金などを支払う必要がある」などとうその要求もされていたということです。

警察は、暗号資産の投資に伴って手数料などの名目でお金を振り込ませるのは詐欺事件だとして、お金を要求された場合は、決して1人で判断せずに警察に通報するよう呼びかけています。