感染者の全数把握見直し 秋田県も26日から運用始める

新型コロナウイルス感染者の全数把握を26日から全国一律で見直され、秋田県も詳しい情報の報告を高齢者などに絞る新たな運用を始めました。

新型コロナ感染者の全数把握をめぐり、秋田県は政府の方針に沿って見直しを行い、26日から新たな運用を始めました。

詳しい報告の対象は▽65歳以上の人や▽入院が必要な人、▽重症化リスクがあり治療薬や酸素の投与が必要と医師が判断する人、▽妊婦に限定されます。

報告の対象となる人については保健所が窓口となって対応しますが、県から配付された検査キットで陽性と判明して報告の対象から外れる人は、「陽性者登録センター」に自分で申請を行ってもらうことになります。

秋田県は申請を受けて、食料の配布や宿泊療養など手配についての書類を送付するということです。

また、報告の対象から外れる人は保健所からの定期的な連絡はなくなるため、24時間いつでも看護師などに電話相談ができる窓口を設置し、体調が悪化した場合には医療機関を紹介するなどの対応にあたります。

相談は電話とオンラインで受け付けていて、電話番号は午前8時から午後5時までは018−895−9176、午後5時から翌日の午前8時までは018−866−7050です。

全数把握の見直しにともなって、秋田県は27日から感染者数の発表の仕方を変更します。

秋田県は、医療機関と感染した人からの情報の登録をもとに、▽新規感染者の総数や▽年代別の内訳、▽死亡者数はこれまでどおり発表します。

ただ、重症化リスクの低い人の住所などが把握できなくなるため、報告のあった保健所別の感染者数やクラスターの発生数のみ発表され、
見なし陽性者の数などは公表されません。