県内は記録的な大雨続く 土砂災害や河川の氾濫に厳重警戒を

秋田県内では記録的な大雨が続き、地盤が緩んでいるところや増水したり氾濫したりしている川があります。
気象台は、引き続き土砂災害に厳重に警戒するとともに、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。

秋田地方気象台によりますと、停滞する前線の影響で記録的な大雨となっている県内では、13日未明から再び発達した雨雲が次々流れ込みました。

鹿角市北部付近では、レーダーによる解析で午前1時半までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

また、今月8日の降り始めから13日午後4時までに降った雨の量は、鹿角市で384ミリと平年の8月1か月分の2倍となっているほか、大館能代空港で352ミリ、大館市で341ミリなどと1.5倍を超えています。

これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高くなっていることから、横手市と上小阿仁村には土砂災害警戒情報が出されています。

県内では13日夜にかけて、多いところで1時間に30ミリの雨が予想されているほか、14日夕方までの24時間に降る雨の量は多いところで60ミリと予想されています。

気象台によりますと、大雨は峠を越えつつあり、14日は前線の活動が一時的に弱まりますが、15日以降、新たな前線が北日本にのびて、活動が活発になる見込みです。

県内はこれまでの大雨で、地盤が緩んでいるところや増水したり氾濫したりしている川があり、気象台は引き続き、土砂災害に厳重に警戒するとともに、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。

また、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうによる農作物などへの被害にも注意するよう呼びかけています。

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には建物内に移動するなど安全確保に努めて下さい。