北秋田市 2か所土砂崩れ 合わせて49人が取り残される

北秋田市では雨の影響で市道2か所で土砂崩れが発生し、合わせて49人が施設などで取り残されている状況となっています。

北秋田市によりますと、12日午前、北秋田市阿仁のスキー場に向かう市道で土砂崩れが発生して通れなくなり、スキー場の従業員13人と近くにある宿泊施設の客など30人の合わせて43人が取り残されているということです。

また、北秋田市森吉にある秋田県の施設「青少年野外活動センター」に向かう市道でも斜面から土砂が崩れ、12日朝から通行止めとなっていて、施設には利用者4人を含む6人が取り残されているということです。

市によりますと、いまのところ、それぞれの場所で体調不良を訴える人などは確認されていないということです。

現在、市が崩れた土砂を取り除く作業をしていて、通行できるようになるのは夕方ころになりそうだとしています。