ご当地ナンバーは「秋田犬」のデザイン アンケート結果で

車のナンバープレートのいわゆる「ご当地ナンバー」について、秋田県は、アンケート調査の結果、「秋田犬」のデザインを入れて導入に向けた準備を進めることになりました。

いわゆる「ご当地ナンバー」の導入に向けて、県は、どのようなデザインがいいか、秋田を代表する16のテーマのなかから3つを回答する形式でアンケート調査を行いました。

その結果、アンケートに回答した3252人のうち62.3%にあたる2025人が「秋田犬」を選び、最も多くなりました。

次いで、「なまはげ」が1566人、「竿燈」が1287人、「大曲の花火」が1067人などとなりました。

また、「ご当地ナンバー」の導入には95%が肯定的だったということです。

県は今後、「秋田犬」を取り入れた車のナンバープレートのデザイン案を3つ示したうえで、再び県民にアンケートを行い、最終的なデザインを決めることにしています。