大雨ピーク超える 夜遅くにかけて土砂災害に警戒を

県内の北部や中央部を中心に降った大雨のピークは越えましたが、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあることなどから、気象台は28日夜遅くにかけて土砂災害に警戒するとともに、河川の増水にも注意するよう呼びかけています。

秋田地方気象台によりますと、低気圧からのびる前線が北日本を北上し、この低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだことから、県内は北部や中央部を中心に大雨となりました。

26日の降り始めから28日午後4時までに降った雨の量は、大館市の陣場で88.5ミリ、八峰町で87ミリ、藤里町で85ミリ、秋田市で30.5ミリなどとなっています。

気象台によりますと大雨のピークは越えましたが、このあとも強い雨が降り大雨となるところがある見込みで、29日にかけて1時間に降る雨の量は多いところで20ミリ、29日夕方までの24時間に降る雨の量は多いところで80ミリと予想されています。

気象台は、これまでに降った雨で地盤が緩んでいるところや増水している河川があることから、28日夜遅くにかけて土砂災害に警戒するとともに、河川の増水にも注意するよう呼びかけています。