勝手にネットバンキング登録 秋田市の70代男性20万円被害

市の職員や銀行員を名乗る男から「交付金がある」などとうその電話を受けた秋田市の70代の男性が銀行名や口座番号などを伝えたところ、勝手にインターネットバンキングの利用登録をされた上、口座から20万円が不正に送金されていたことが分かりました。
警察は、詐欺事件として捜査しています。

警察によりますと7日午後3時ごろ、秋田市の70代男性の自宅に、市の職員を名乗る男から「市から10万円の交付金があるが、申請漏れになっている。口座に振り込むので銀行名を教えてほしい」と電話がありました。

男性が銀行名を伝えたところ、今度は銀行員を名乗る男からも、「確認のため、口座番号や暗証番号を教えてほしい」という電話があり口座番号などを伝えたということです。

不審に思った男性が8日、金融機関に相談したところ、勝手にインターネットバンキングの利用登録をされた上に、見知らぬ口座に20万円が不正に送金されていたことが分かりました。

警察は、インターネットバンキングを悪用した詐欺事件として捜査しています。

警察によりますと、県内では、8日美郷町でも町の職員などを名乗って口座番号などを聞く不審な電話の届け出が3件あったということです。

警察は、市町村や銀行が口座番号や暗証番号を電話で聞くことはないとして、個人情報を聞かれても絶対答えないよう呼びかけています。