近畿 23日夜はじめごろにかけ激しい雨 土砂災害に警戒を

梅雨前線の影響で、近畿地方は23日夜のはじめごろにかけて局地的に雷を伴って激しい雨が降ると予想されていて、気象台は近畿中部では土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

気象台によりますと、梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、近畿地方では大気の状態が非常に不安定となっています。
23日午前11時半までの24時間に降った雨の量は、滋賀県の▽長浜市余呉で102ミリ、▽大津市南小松で75ミリなどとなっています。
近畿地方では、23日夜のはじめごろにかけて、局地的に雷を伴って激しい雨が降ると予想されています。
1時間に降る雨の量は、多いところで30ミリと予想されています。
また、24日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽近畿中部と南部で100ミリ、▽北部で80ミリと予想されています。
気象台は近畿中部では、23日夜のはじめごろにかけて土砂災害に警戒するとともに、川の増水や氾濫に十分注意するよう呼びかけています。