小林製薬の製造工場で検出 青カビの写真入手

小林製薬の紅麹(べにこうじ)の成分を含むサプリメントを摂取した人が腎臓の病気などを発症した問題で、原料を製造していた工場から見つかった青カビの写真をNHKが入手しました。
サプリメントに混入した物質、「プベルル酸」をつくる青カビと同じ種類で、専門家は「食品工場などでよく見つかる種類ではなく、比較的珍しいカビだ。工場の外から侵入したのではないか」と指摘しています。

この写真は大阪市の調査で、紅麹の原料を去年12月まで製造していた小林製薬の大阪工場から採取された青カビです。
写真は数日間培養したもので、紅麹のサプリメントに混入した物質、「プベルル酸」をつくる青カビと同じ種類です。
大阪市の関係者によりますと、問題が発覚してまもないことし3月末に調査に入った際、カビのような黒っぽい汚れが工場内に点々と広がっていることがわかり、4月に改めて工場に入って採取したところ「培養室」など5つの部屋の壁や天井などからカビが検出されたということです。
生活環境にいるカビに詳しい千葉大学真菌医学研究センターの矢口貴志 准教授は「食品工場などでよく見つかる種類ではなく、あまり知られていない比較的珍しい青カビだ。工場周辺にいたカビが侵入し、内部で広がったのではないか」と指摘しています。
当時、工場内の部屋の多くはそれぞれ壁やドアなどで仕切られる構造だったということで、大阪市はカビが広がった時期や経路などについて調査を進めることにしています。