大阪市中心部でペットのクジャク逃げ出す 捕獲しけが人なし

10日午前、大阪市の中心部で、ペットとして飼われている白いクジャクが一時、逃げ出す騒ぎがありました。
およそ1時間半後に信号機の上にいるところを捕獲され、けが人などはいませんでした。

10日午前11時すぎ、大阪・中央区で「ペットのクジャクが飛んでいった」と飼い主の男性から警察に通報がありました。
消防が現場に駆けつけたところ、白いクジャクが大阪城公園のすぐそばにある信号機の上にとまっていたということです。
このため消防がはしご車を出し、およそ1時間半後の午後1時前に飼い主の男性がはしごを上って捕獲しました。
けが人などはいませんでした。
警察と消防によりますと、男性は当時、ペットとして飼っている白いクジャクを抱きかかえて近くを散歩していましたが、それに気づいた観光客が写真を撮っていたところ、突然飛び立ったということです。
現場は大阪府庁や大阪府警察本部などがある官庁街で、この影響で周辺の道路がおよそ30分にわたって通行止めになったほか、一時は多くの人が集まり、クジャクの写真を撮るなどしていました。

【クジャクはシロクジャクか】
福岡県の久留米市鳥類センターの飼育員・西坂繁男さんは大阪市で一時、逃げ出したクジャクは体全体が白いことや頭の上の羽の形から「シロクジャクで間違いない。尾羽が長くないように見えるので、メスではないかと思う」と話しています。
西坂さんによりますと、シロクジャクはインドやパキスタンに生息するキジ科の鳥で、個人でも飼育できるということです。
久留米市鳥類センターでは、6羽のシロクジャクを飼育していますが、ふだんは地面で過ごしていることが多いものの寝る時には木の上など比較的高い場所で休むことが多く、物音などで驚いた場合には飛び立つこともあるということです。
西坂さんは、「驚いた拍子に飛び立ったと思われる。はしご車が近づいても逃げない様子を見ると、比較的、人に慣れているように見える」と話していました。
また、シロクジャクを13羽飼育している熊本市動植物園の担当者も「頭の上の羽の形からシロクジャクではないか」としています。
シロクジャクは、▼オスは体長2メートル、▼メスは90センチほどまで育ち、オスは繁殖期になると白く大きな羽を広げてメスにアピールするということです。