“子どもたちに”と伊丹市に寄付の男性招き 保育所でお礼の会

地域の子どもたちのために役立ててほしいと、1000万円を兵庫県伊丹市に寄付した男性が26日、保育所に招かれ、子どもたちから直接、感謝の気持ちが伝えられました。

伊丹市立中央保育所を訪れたのは、近くで長年にわたって理髪店を営んでいる古田喜久治さん(80)です。
独身で子どものいない古田さんは、日頃、近くの保育所に通う子どもたちの姿に励まされてきたということで、おととし12月、伊丹市役所を訪れ、「子どもたちのために使ってください」とこつこつとためてきた1000万円を寄付しました。
伊丹市はこれをもとに、市内にある110の保育所や幼稚園で、今年度中に教材や遊具を購入するということです。
市立中央保育所では、子どもたちから「感謝の気持ちを伝えたい」という声があがり、古田さんを招いて「お礼の会」を開いたということで、およそ80人の子どもたちが「ありがとうございました」と伝えた後、手作りしたマフラーや、メッセージカードを手渡して歌を歌いました。
そして、古田さんの寄付で遊具や木製のテーブルといすのセットを整備した庭に移動し、記念撮影をしていました。
6歳の女の子は、「もらった遊具で家族ごっこができて楽しいです」と話していました。
古田さんは、「子どもたちの様子を見て私も元気になりました。いっぱい遊んですくすくと成長してほしいです」と話していました。