近畿 25日にかけ大雪見込み 積雪や路面凍結の交通影響警戒

この冬一番の強い寒気の影響で、近畿地方ではこれから25日にかけて大雪となり、とくに24日は北部で警報級の大雪となる見込みです。
気象台は、積雪や路面の凍結による交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

大阪管区気象台によりますと、近畿地方では、23日夜遅くから25日にかけてこの冬一番の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まって、大雪となる見込みです。
24日の明け方から夜遅くにかけて近畿北部を中心に雪が強まり、▼滋賀県北部、▼兵庫県北部、▼京都府北部には大雪警報を発表する可能性が高いということで、ふだん雪の少ない近畿南部でも積雪となるおそれがあるということです。
23日夜から24日午後6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多い所で、▼近畿北部の山沿いで80センチ、平地で80センチ、▼中部の山沿いで50センチ、平地で15センチ、▼南部でも山沿いで15センチ、平地で1センチと予想されています。
雪はその後も降り続き、25日午後6時までの24時間では、いずれも多いところで、▼近畿北部の山沿いで40センチから60センチ、平地で30センチから50センチ、▼中部の山沿いで30センチから50センチ、平地で20センチから40センチ、▼南部の山沿いで5センチから10センチ、平地で1センチから5センチと予想されています。
気象台は、積雪や路面の凍結による交通への影響に警戒を呼びかけるとともに、雪による見通しの悪化や電線への着雪などにも注意するよう呼びかけています。

【車での外出 雪予想の地域へは控えて】
車での外出の際は立往生やスリップが発生するおそれがあるとして、近畿地方整備局と大阪管区気象台などが「大雪に関する緊急発表」を出しています。
▽大雪が予想される地域への急を要しない外出は控えるよう呼びかけていますが、▽やむをえず車で外出する場合には、冬用タイヤの装着のほか、タイヤチェーンや食料、水、毛布などを持って行くといった対策を徹底するよう呼びかけています。
あわせて▽大雪が予想される地域を避けるようなう回ルートも検討するよう求めています。
国道の通行止めなど道路の規制に関する最新情報は近畿地方整備局のSNSなどで発信するとしていて、最新情報に注意し時間に余裕を持って行動してほしいと呼びかけています。

【京都市職員が巡回し凍結防止剤を点検】
京都市は寒気の影響による積雪や路面の凍結に備え、山間部の道路や橋などに凍結防止剤が配置されているか市の職員が巡回して確認しました。
京都市は毎年12月から3月にかけて山間部に加え、橋や坂など、凍ると滑りやすくなる市内の道路およそ1000か所にあらかじめ凍結防止剤を置いて、市民に活用してもらっています。
近畿地方に23日夜からこの冬一番の強い寒気が流れ込む影響で京都市内でも積雪や路面の凍結のおそれがあることから、23日は、市の職員が凍結防止剤が置かれている場所を見て回りました。
このうち、鴨川にかかる御池大橋では、職員が状況を確認したあと、凍結防止剤の入った袋を追加で置いていました。
凍結防止剤は凍ったり雪でぬれたりした路面にまくと効果的だということで、京都市は活用を呼びかけています。
京都市建設局左京土木みどり事務所の山崎政和 所長は「市民の皆さんも各所に設置している凍結防止剤を正しく使って事故の防止につなげてほしいです」と話していました。