滋賀医大の研究“動脈硬化進行すると腸で特定の細菌割合増”

心臓の血管で動脈硬化が進行すると腸の中で特定の細菌の割合が増えるという研究結果を滋賀医科大学の研究グループがまとめました。
グループでは、動脈硬化が原因で起こる心臓病のリスクを推定する技術の開発につながる可能性があるとしています。

滋賀医科大学の岡見雪子特任助教らのグループは、草津市に住む46歳から83歳までの男性663人を心臓の血管の動脈硬化の進行の程度で4つのグループに分け、腸内細菌の種類に違いがあるか調べました。
その結果、「ファーミキューテス」という種類の細菌が占める割合が、▼健康な人のグループでは全体の52.1パーセントだったのに対し、▼動脈硬化が最も進行し心筋梗塞などの持病がある人のグループでは56.5パーセントで、症状が進むにつれてこの細菌の占める割合が高くなっていたということです。
グループでは、便を採取してこの細菌の割合を調べれば、動脈硬化の進行の程度がわかる可能性があるとしています。
岡見特任助教は、「動脈硬化が原因で起こる心臓病のリスクを推定する技術の開発につながる可能性があり、さらに研究を続けたい」と話していました。