観光地のごみ問題に対処 京都市が嵐山に自動圧縮ごみ箱設置

人出が増える秋の紅葉シーズンを前に、観光地で課題となっているごみ問題などの解決に向けて、京都市は、ごみを自動で圧縮する機能がついたごみ箱を嵐山に設置しました。

「スマートごみ箱」と呼ばれる新たなごみ箱は、嵐山の人気の観光スポット、「竹林の小径」に設置されました。
大津市の会社が京都市に寄付したもので、ごみがたまると内部のセンサーが感知して、500キロを超える圧力で中身を圧縮し、圧縮しない場合に比べて、およそ5倍の量が入るということです。
また、ごみの量を離れたところで把握できるように通信機能も備えていて、効率的な収集につながるということです。
京都市では、国内観光やインバウンドが回復する中、ごみ箱からごみがあふれることもあり、紅葉シーズンには深刻化することも懸念されています。
地元の観光団体、嵐山保勝会の牧野順二会長は「ごみ箱を置けば置くほど、よりたくさんごみが捨てられてしまうのでバランスが難しい。『スマートごみ箱』は、その解決策の一つになるかもしれない」と話していました。
京都市の松岡竜太郎美化活動支援係長は「ごみ問題がすべて解決するとは思っていないので、マナーの啓発やテイクアウトをしている店にごみ箱を置いてもらうなど、地元の人たちと協力していきたい」と話していました。