ネットで弁護士の名誉毀損した疑い 人事院近畿事務局職員逮捕

人事院の40歳の職員がインターネットの掲示板サイトに特定の弁護士の顔写真を加工した画像などを投稿して、名誉を毀損したとして逮捕されました。

逮捕されたのは、人事院近畿事務局の職員で大阪・豊中市に住む石崎敦子容疑者(40)です。
警察によりますと、去年(令和4年)3月、インターネットの掲示板サイトに当時30代の男性弁護士の顔写真に動物の耳を合成した画像や弁護士を侮辱する文書を投稿したとして名誉毀損の疑いが持たれています。
警察が容疑者の自宅から押収したパソコンやスマートフォンを調べたところ、弁護士の画像などが見つかったということです。
容疑者は弁護士と面識はなく、調べに対し容疑を認めているということです。
警察が詳しいいきさつを調べています。
人事院近畿事務局の山岡美智代 総務課長は「職員が逮捕されたことは遺憾だが、捜査中の事案であり、これ以上のコメントは差し控える」としています。