児童ポルノ禁止法違反疑いで逮捕 警察官を懲戒処分 大阪府警

SNSで知り合った少女に裸の写真を撮影させたうえ、スマートフォンに送らせたとして逮捕された大阪府警の38歳の巡査部長について警察は11月30日付けで減給の懲戒処分にしました。

懲戒処分を受けたのは、大阪・西成警察署に所属する38歳の男の巡査部長です。
巡査部長はおととし(令和2年)10月、SNSで知り合った当時、中学生の少女に18歳未満と知りながら裸の写真を撮影させたうえ、自分のスマートフォンに送らせて保存したとして、ことし9月に児童ポルノ禁止法違反の疑いで和歌山県警に逮捕されました。
その後、釈放されて任意で捜査が続いています。
これまでの警察の調べに対して「SNSで知り合った20人から30人と援助交際をして中には未成年もいた。警察官が法を犯すというあってはならない行為をしてしまった」と話しているということです。
こうしたことから大阪府警は11月30日付けで減給の懲戒処分にし、巡査部長は依願退職しました。
大阪府警察本部の田畑修治 監察室長は「警察官としてあるまじき行為で厳正に処分した。今後、職員に対する指導教養の徹底を図り再発防止に努める」とコメントしています。