大阪・関西万博に向け わかりやすい食材表示を 大阪で試み

2025年の大阪・関西万博に向けて外国人観光客の食の多様性に対応しようと、飲食店で使用されている食材を表示する試みが大阪市で行われました。

これは、料理で使用されている食材をわかりやすく表示して、宗教やアレルギーなどのため食に制限がある外国人観光客に参考にしてもらおうと、関経連=関西経済連合会などが行いました。
大阪・北区のホテルには22日午前、この試みに協力するインドネシアやベトナムからの留学生など19人が集まり、ビュッフェ形式の朝食が用意されました。
それぞれ、料理のそばには、卵や牛、豚など、使われている食材がひと目で分かるように「ピクトグラム」と呼ばれる図で表示されています。
イスラム教徒だというインドネシアからの留学生は「私は豚肉が食べられませんが、日本語が読めないので、絵の表示はわかりやすいです。観光客も助かると思います」と話していました。
関西経済連合会国際部の中西康真 参事は「大阪・関西万博に向けて、イスラム教徒のような食の制限がある方が数多く来日すると予想される。そういった人たちが安心して食事を楽しめるように食の多様性の環境整備を行っていきたい」と話していました。