和歌山 赤ちゃんの遺体遺棄の罪 母親に検察が懲役2年求刑

ことし9月、和歌山県白浜町の宿泊施設で、生後まもない赤ちゃんの遺体を遺棄した罪に問われている31歳の母親の裁判が開かれ、母親は「間違いありません」と起訴された内容を認めました。
検察は「きわめて身勝手な行為だ」として懲役2年を求刑しました。

京都市南区の無職、山田桃子被告(31)はことし9月、白浜町の宿泊施設で、生後まもない男の赤ちゃんの遺体を浴場の脱衣所にあるごみ箱に遺棄したとして、死体遺棄の罪に問われています。
17日、和歌山地方裁判所田辺支部で開かれた裁判で、山田被告は「間違いありません」と起訴された内容を認めました。
このあと検察は、「被告は、両親らと家族旅行で白浜町を訪れ、客室のトイレで出産したものの、その後、子どもが死亡したことがわかり、両親に妊娠を伝えていなかったため見つかりたくないなどと考えて遺体を遺棄した。きわめて身勝手な行為だ」として懲役2年を求刑しました。
これに対し弁護側は、「突発的な犯行で罪の重さを認め、しんしに反省している」と述べ執行猶予付きの判決を求めました。
判決は来月(12月)1日に言い渡される予定です。