大阪 カラオケパブオーナー殺害事件 被告の弁護士が控訴

去年(令和3年)6月、大阪・北区のカラオケパブで、25歳のオーナーの女性を殺害したとして懲役20年の判決を受けた店の常連客だった被告の弁護士が判決を不服として控訴しました。

兵庫県西宮市の無職、宮本浩志被告(57)は、去年6月、大阪・北区天神橋のカラオケパブの店内でオーナーの25歳の女性の首や胸を刃物で何度も刺すなどして殺害したとして殺人の罪に問われました。
大阪地方裁判所は先月(10月)20日、「犯行は身勝手で残酷だ。過去に起きた事件の裁判員裁判判決との公平性などを踏まえて、有期刑の中で最高刑にした」などとして、検察の無期懲役の求刑に対して懲役20年を言い渡しました。
この判決を不服として宮本被告の弁護士は、今月(11月)2日、大阪高等裁判所に控訴しました。
これまでの裁判では、被告は、事件への関与について黙秘する一方で、「死刑をお願いします」などと述べ、弁護士は無罪を主張していました。