神戸 観光バスにハロウィーン飾りつけ

今月31日のハロウィーンに向けて神戸市内を巡る観光バスが車内を装飾して7日から運行するのを前に、従業員たちが飾りつけの作業を行いました。

メリケンパークや北野地区など神戸市中心部の観光地を巡る観光バス「シティ・ループ」を運行する神姫バスは、利用客にハロウィーンの気分を味わいながら神戸の街を楽しんでもらおうと、ことし初めて車内にハロウィーンの装飾を施すことにしました。
7日の運行開始を前に、神戸市中央区にあるバスの営業所で6日、従業員3人が飾りつけの作業を行いました。
従業員たちは1時間ほどかけてバスの手すりや窓のわきをかぼちゃやおばけなどのかわいらしい飾りで彩っていました。
このハロウィーン仕様のバスは、来月6日までの1か月間、神戸の街を走る予定で、期間中、バスに乗るガイドに「お菓子をくれなければいたずらする」という意味の「トリック・オア・トリート」と話しかけた小学生以下の子どもには数量限定でプレゼントが用意されているということです。
神姫バス営業課の櫻井彩里紗さんは「季節感のある今回の企画で利用客にはふだんは味わえないような特別感を楽しんでもらうとともに、沿線の観光地をバスで訪れてほしい」と話していました。