滋賀県出身 武村正義元官房長官が死去

滋賀県出身で、細川連立政権樹立の原動力となった新党さきがけの代表や官房長官などを務めた武村正義氏が先月28日、亡くなりました。
88歳でした。

武村氏は、滋賀県出身で、旧自治省に入省後、滋賀県八日市市長や滋賀県知事を経て、昭和61年の衆議院選挙に自民党から立候補して初当選し、連続4回当選しました。
平成5年には政治改革に対する自民党の取り組みを批判して10人で自民党を離党し、「新党さきがけ」を結成して、みずから代表に就任しました。
武村氏は、直後の衆議院選挙で、日本新党などとともに、いわゆる「新党ブーム」を起こし、自民党政権に代わる細川連立政権を樹立する原動力となり、細川内閣で官房長官を務めました。
その後、細川総理大臣の「国民福祉税」構想に正面から異を唱えるなど、次第に細川氏と対立が表面化し、羽田内閣の発足にあたって、「新党さきがけ」は閣外協力に転じます。
これをきっかけに、武村氏は旧社会党の村山富市委員長と連携し、自民、社会、さきがけの3党で連立を組み、村山内閣を発足させ、大蔵大臣として政権を支えました。
「新党さきがけ」は平成8年に分裂し、武村氏自身も、平成12年の衆議院選挙で落選しました。
武村氏は、先月28日に亡くなりました。
88歳でした。

【滋賀県知事 “草の根で県政推進”】
武村正義氏が、亡くなったことについて、滋賀県の三日月知事がコメントを発表しました。
三日月知事は「武村元知事は当時、全国最年少知事として40歳で滋賀県知事に就任し、約11年6か月にわたり、たぐいまれなリーダーシップと県民との対話を重視し、草の根で県政を進められました。私たちの誇りである琵琶湖の環境保全や魅力発信の礎を県民とともにつくられました。多大なる業績と県政に対するご貢献に対し、県民を代表して、改めて深く敬意と感謝の意を表します」とコメントしています。