「大阪いらっしゃい」延長 10月11日から全国に対象拡大

大阪府民や近隣の府県の旅行者を対象に旅行費用の一部を助成する「大阪いらっしゃいキャンペーン」について、府は、来月(10月)10日まで期限を延長したうえで、翌11日から全国に対象を拡大した新たなキャンペーンを始めると発表しました。

「大阪いらっしゃいキャンペーン」は、新型コロナの影響で厳しい状況となっている府内の観光事業者を支援しようと大阪府と大阪市が行っているものです。
これについて、府は、今月(9月)末までの期限を、来月(10月)10日まで延長したうえで、翌11日から全国に対象を拡大した「日本中から大阪いらっしゃいキャンペーン」を新たに始めると発表しました。
新たなキャンペーンは、都道府県内などでの旅行を促す「県民割」に代わって政府が実施する新たな観光需要の喚起策、「全国旅行支援」として行われるもので、府は、今後、申し込みの方法や予約の開始日などについて、公表することにしています。
一方、「大阪いらっしゃいキャンペーン」の延長分については、29日から予約を受け付けるということです。
大阪府の吉村知事は「旅行やホテルの事業者、そこで働く人々を支援したい。基本的な感染対策をとったうえで、キャンペーンを使って、大阪に遊びに来ていただきたい」と話しています。