大阪 保育園で昼食をのどに詰まらせ園児死亡 園長ら書類送検

おととし(令和2年)、大阪市にある保育園で当時1歳2か月の男の子が昼食を食べた際、食べ物をのどに詰まらせて死亡し警察は保育園の園長と元保育士が食事の際の安全管理を怠ったとして業務上過失致死の疑いで書類送検しました。

書類送検されたのは大阪・城東区の認可保育園「ゆりかご第2保育園」のいずれも女性の59歳の園長と27歳の元保育士です。
警察によりますとおととし2月、当時1歳2か月の石田進人ちゃんが保育園の昼食で出されたりんごなどをのどに詰まらせて死亡しました。
このとき元保育士は食事を担当していて、進人ちゃんがりんごを口から出すなどしたためハンバーグと一緒に口に入れたということです。
警察が当時の状況を詳しく調べた結果、園長は事故を防ぐために園児一人一人に合った食事の介助方針を保育士に指示すべきだったのに管理を怠り、元保育士は苦手意識があったりんごを無理に食べさせたことなどからのどに詰まらせて窒息死させた疑いがあることがわかったということです。
このため、警察は2人を業務上過失致死の疑いで書類送検しました。
保育園では時間内にすべて食べきることが目標とされていて、警察の調べに対して2人は容疑を認めているということです。
このうち元保育士は「食が進まない状況に焦りを感じ時間内に食べてほしかったので口の中にりんごがある状態で次の食材を詰め込んでしまった」などと話しているということです。
この事件をめぐっては大阪市の検証部会が去年1月に報告書をまとめ、再発防止のため子どもの発達に応じた適切な食事の援助を行うことなどを提言しています。