“大阪いらっしゃい” 2か月ぶりに再開

大阪府内の旅行費用を助成する「大阪いらっしゃいキャンペーン」が12日から再開しました。
新型コロナの影響で厳しい状況となっている府内の観光事業者を支援するためのキャンペーンで、新型コロナワクチンを3回接種していることなどを条件に、大阪やその周辺の県に住む人が、府内の宿泊施設に泊まったり、日帰りの周遊ツアーを利用したりした場合に、▼最大で5000円の割り引きが受けられるほか、▼加盟店で使える最大で2000円分のクーポンが付与されます。
大阪のホテルは独自の割り引き特典をつけるなど宿泊客の呼び込みに力を入れています。

大阪府民や近隣府県の旅行者を対象に、旅行費用の一部を助成する「大阪いらっしゃいキャンペーン」は、新型コロナの新規感染者数が減少傾向にあるとして、12日、およそ2か月ぶりに再開しました。
このうち大阪・中央区の「ホテルニューオータニ大阪」が力を入れているのはスイートルームに割安で泊まることができるプランです。
ホテル内で利用できる3000円分のクーポンをつけ、実質、1万円引きで宿泊することができます。
また、人気レストランのシェフが監修する食事のついた限定のプランなどを用意したということです。
9月1か月分の予約は、去年の同じ時期のおよそ2倍で、増えた客のうち4割が「大阪いらっしゃいキャンペーン」を利用しているということです。
ホテルニューオータニ大阪の濱川未来さんは「夏のシーズンは大阪はキャンペーンもなく、全国に比べて出遅れた印象もあったが、再開を受けて、ホテル内での滞在を楽しんでふだんよりお得に利用できるプランもあるので、安心安全の旅を提供したい」と話していました。

【“県民割” 関西各府県では】
「大阪いらっしゃいキャンペーン」のように地元やその周辺の自治体の住民を対象にした「県民割」について、12日、大阪が再開されたことで、関西在住であれば、12日から2府4県すべての「県民割」を利用できるようになりました。
このうち、奈良県は全国の人が利用出来るようになっていて、期間は来年2月末までとなっています。