夜の姫路城を楽しむ「ナイトツアー」内覧会 兵庫・姫路

世界遺産の姫路城を夜に楽しむ「ナイトツアー」が9月19日から始まるのを前に、関係者に向けた内覧会が開かれました。

このツアーは、新型コロナの影響で姫路城を訪れる人が減少する中姫路市が企画するもので、ふだん公開していない夜の姫路城を1日10人限定で特別公開し、専門家の解説を受けながらおよそ2時間かけて巡ります。
夕暮れ時の午後6時頃に始まった内覧会は30分後にはすっかり暗くなり参加者は天守に入ると手持ちのライトを消してあんどんの明かりのみで江戸時代の暗さを再現し、夜の雰囲気を味わいました。
また、最上階では眼下に広がる姫路市街の夜景を眺め、夜しか味わえない城の魅力を堪能していました。
姫路市観光スポーツ局観光課の大西克典課長は、「ふだんからのぼっている姫路城ですが、夜には静けさや暗さなどきょうは参加者の1人として新しい発見がありました。ツアーに参加される方にはお殿様やお姫様になった気分で楽しんでもらいたいです」と話していました。
このツアーは今月19日から今月末まで開催されますが、すでに定員はいっぱいだということです。