日本電産 関社長の辞任を発表 「業績悪化の責任とる」

電子部品大手、「日本電産」は関潤 社長が「業績悪化の責任をとるため」として、2日づけで辞任すると発表しました。
関氏は、創業者の永守重信会長のあとを継ぐ形で、去年、CEO=最高経営責任者に就任しましたが、ことし4月、事実上、降格していました。

発表によりますと、「日本電産」は2日、取締役会を開き、関潤社長の2日づけでの辞任を決めたと発表しました。
あわせて、後任の社長には、創業に関わった小部博志 副会長を充てるとしています。
関社長は日産自動車の幹部でしたが、退社後のおととし1月、日本電産に入り、4月に社長に就任しました。
去年6月には創業者の永守会長のあとを継ぐ形で、CEO=最高経営責任者に就任しましたが、ことし4月に永守氏にその職を譲り、事実上降格していました。
会社は関氏の辞任の理由について「業績悪化の責任をとるため」としていて、関氏が担当していたEV=電気自動車向けのモーターなどを扱う「車載事業」の不振が背景にあるとみられます。
日本電産をめぐっては、創業者で現在78歳の永守氏が経営のかじ取りを担う状況が続いていて、後継者選びの行方に関心が集まっています。

【永守重信会長“2年以内に新体制考える”】
日本電産の関潤社長の辞任について、永守重信会長は、2日夕方、オンラインで記者会見し、「今後は外部の人をいきなりトップに据えることはない。2年以内に新体制を考える。やり直したうえで、立派な会社に変える決意だ」と述べました。