新型コロナ 子どもの病床ひっ迫続く 重症用は“ほぼ満床”

新型コロナの感染拡大に伴い、子どもの入院を受け入れている大阪府内の病院では重症患者用のベッドが満床に近い状態が続いていて、病院の医師は「対応できる医療機関を増やさないと、重症の子どもたちが入院できなくなるおそれがある」と訴えています。

大阪府内には新型コロナに感染した重症の子どもを受け入れるベッドが、31日の時点で6つの医療機関にあわせて13床あります。
このうち半数近い、6床のベッドがある大阪・和泉市の大阪母子医療センターでは、7月から入院が増え始め、8月上旬からは満床に近い状態が続いています。
子どもは重症化しにくいと言われていますが、感染者数の増加に伴って、入院が必要な子どもがこれまでより増えていて、入院患者の多くは▼発熱によるけいれんを起こした子どもや、▼もともと重い病気などがあり、医療的なケアが必要な子どもだということです。
新生児の入院が多く、だっこしたり、数時間おきに授乳したりするなど24時間体制で手厚いケアが必要で、センターではほかの病棟の看護師に応援に来てもらうなどして対応しています。
影響は新型コロナ以外の診療にも及んでいて、センターでは夏休み中に予定していた手術を一部延期せざるを得なくなっているということです。
新生児医療が専門で、院内の感染管理を行っている野崎昌俊医師は「症状自体は軽症でも、感染者は対応できないとこちらのセンターに入院依頼が来るケースもある。感染した子どもの入院を引き受けるごく一部の病院に負担が集中しているのが実情だ。夏休みが明けて再び子どもの感染者が増える可能性もある。対応できる医療機関を増やさないと重症の子どもが入院できなくなるおそれがある」などとして、受け入れできる医療機関を増やす必要があると訴えていました。