京都 亀岡市 保育所などで園児が使う紙おむつ 無償提供へ

保育所などで子どもが使う紙おむつについて、京都府亀岡市は子育て支援の一環として、ことし11月から無償で提供することにしました。
これまで保護者が持ち帰っていた使用済みの紙おむつも、保育所側で処分する方針に変えることにしています。

多くの保育所などでは、子どもが使う紙おむつは保護者が自宅から持ち込み、使用済みを持ち帰ることになっていますが、保護者からは負担になっているという声も上がっています。
こうした声を受けて京都府亀岡市は、市内の保育所や認定こども園などで園児が使う紙おむつを、ことし11月から無償で提供することを決めました。
公立と民間の29の施設に通うおよそ750人の子どもが対象で、あわせて市は、これまで保護者が持ち帰っていた使用済みの紙おむつを保育所側がごみとして処分する仕組みに変えることにしています。
「亀岡市立本梅こども園」の宅間由香 園長は、「保護者にとって、紙おむつを持ち込む時に荷物がかさばるし、持ち帰る際のにおいなども問題になっていました。使用済みおむつの分別は園にとっても負担にもなっていたので、今回の決定は保護者と園の双方で助かると思います」と話していました。