アスベスト集団訴訟 元作業員遺族と大阪の建材メーカー初和解

建設現場でアスベストを吸い込み肺がんで死亡した元作業員の遺族が大阪の建材メーカーに損害賠償を求めた裁判は、メーカーが謝罪し1200万円余りを支払うことで和解しました。
原告の弁護団によりますと、全国の元作業員や遺族が国と建材メーカーを訴えた集団訴訟で、建材メーカーと和解が成立したのは初めてです。

建設現場でアスベストを吸い込み肺の病気になったとして、元作業員と遺族ら1300人余りが国と建材メーカーおよそ20社に賠償を求めている集団訴訟は、平成20年から全国各地で起こされています。
このうち、建設作業員だった夫を肺がんで亡くした奈良市の89歳の妻が大阪・中央区の建材メーカー、日本インシュレーションに賠償を求めた裁判は、23日、大阪地方裁判所で和解が成立しました。
建材メーカーが謝罪し、すでに和解が成立している国と同額の1200万円余りの和解金を支払うということです。
一連の集団訴訟では、去年(令和3年)5月、国の賠償責任を認めた最高裁判所の判決を受けて、国とは和解が進む一方、建材メーカーとは責任の範囲や賠償額について裁判が続いていて、原告の弁護団によりますと、建材メーカーとの和解は全国で初めてです。
大阪アスベスト弁護団団長の村松昭夫 弁護士は「今回の和解をきっかけに、ほかの原告と建材メーカーも早期解決につながるよう、知恵を互いに出し合って機運を高めていきたい」と話していました。

【遺族とメーカーのコメント】。
和解について、建設作業員だった夫を亡くした原告の89歳の妻は「今回、自分は会社と和解することができましたが、心苦しいという思いもあります。ほかの原告との関係でも、被告メーカーらと話し合いができ、早期に裁判を終わらせることができるよう願っています」とコメントしています。
一方、建材メーカーの日本インシュレーションは「元作業員は当社の専属だったことや、被告が当社のみだったことなどから、当社の従業員に準じるとして和解に応じた。ほかの訴訟とは別の特殊事情による判断で、『建設アスベスト訴訟』の一環での和解とは考えていない」とコメントしています。