和歌山県南部で記録的大雨 土砂災害に厳重警戒

近畿地方は大気の状態が非常に不安定となり、和歌山県の南部では、記録的な大雨になっています。
気象台は、14日の昼前にかけて土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。

大阪管区気象台によりますと、近畿地方は温かく湿った空気や上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になっています。
和歌山県では、那智勝浦町と串本町付近で午前6時ごろまでの1時間にレーダーによる解析でいずれも110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。
また、滋賀県でも長浜市の余呉で午前4時までの1時間に50.5ミリの非常に激しい雨が降り、降り始めの13日午後10時から14日午前7時までに101.5ミリの雨を観測しました。
近畿地方では、このあとも大気の非常に不安定な状態が続き、夜遅くにかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあります。
予想される1時間の雨量は、いずれも多いところで、近畿地方の南部で60ミリ、北部と中部で40ミリ、15日午前6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで80ミリとなっています。
気象台は、昼前にかけて土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけています。