泉大津の中学修学旅行 生徒2人冷房消したバス待機で熱中症か

大阪・泉大津市の中学校でことし6月、修学旅行中に生徒2人が冷房のついていないバスの車内におよそ2時間半、待機させられ、熱中症とみられる症状を訴えていたことがわかりました。
市の教育委員会は校長を厳重注意としました。

保護者によりますと、泉大津市立の中学校でことし6月下旬に行われた3年生の修学旅行で、日程の最後に岐阜県高山市を散策した際、生徒2人が、冷房のついていないバスの車内に2時間半待機させられたということです。
帰ってきたあとで、頭痛など熱中症とみられる症状を訴えたということで、このうち生徒1人の保護者が9日、記者会見を開きました。
生徒は前の日の深夜から朝にかけてほかの部屋に入っていたことを教員に見つかり、その後の散策に出ることを認められなかったということです。
会見した保護者は、「体罰にあたり、危険な対応だった」と訴えています。
泉大津市教育委員会は、「熱中症に対する認識と判断が甘かった」として校長を厳重注意としました。
教育委員会は、「市内の学校には常々、熱中症に注意するよう促している。指導を徹底していきたい」と話しています。