安倍元首相銃撃1か月 惨事ストレス相次ぐ 相談を 奈良

安倍元総理大臣が銃撃され死亡した事件から、1か月です。
身近な場所で起きたショッキングな事件を直接、あるいは間接的に目にしたことで、奈良市などが設けた相談窓口などには、不安や体調の異変を訴える声が多く寄せられています。
専門家は、心配であれば医療機関に相談するよう呼びかけています。

先月(7月)8日、安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃撃され死亡した事件が起きたあと、奈良県や奈良市は、心の不調を訴える人を対象に電話などでの相談窓口を設けています。
このうち、奈良市の窓口には、先月15日までに104件の相談があり、「事件に関するテレビ報道を見ただけでしんどい」とか「身近な場所で事件が起きて衝撃を受けている」などといった声が寄せられていました。
また、県の窓口にも、先月29日までにあわせて23件の電話があり、「子どもが事件現場を避けて歩くようになったが大丈夫か」などといった声が寄せられたということです。
奈良市は、保健所での電話相談のほか、今月1日からはオンラインでの相談も受け付けています。
市の担当者は、「何か心に不安を抱え、カウンセリングなど顔を見ながら相談したい場合はオンラインシステムも活用してほしい」と呼びかけています。

【クリニックでは】。
奈良市にある心療内科のクリニックでは、事件後、複数の患者から体調の異変や不安を訴える声が寄せられたといいます。
このうち、週に1度のペースで通院している50代の男性は、元総理大臣の銃撃事件をニュースサイトで知りました。
何度も通ったことがある身近な場所が事件現場となったことへの衝撃は大きく、「事件の発生後からずっと心がモヤモヤした気持ちです。あまりに身近で起きたことで、誰にいつ銃で狙われるか分からないと思うようになり、人混みなどはなるべく避けるようにしています」と話していました。
これまでに精神科医の診断を受けるなどもともと心の不調を訴えてきた人たちは、災害や大事件が起きた際、よりいっそうの注意が必要だといわれています。
クリニックの萩原聡 院長は、「すぐ近くで事件が起きたことや、一国の元宰相が巻き込まれたことで、影響は大きかったと思う。結構の数の患者さんから『現場を通るのが怖い』とか『アメリカの乱射事件などでいっそう不安が強くなる』といった声が寄せられている。まだ何人かは症状が残っており、引き続き、患者さんの話をよく聞き、必要であれば薬による対処も行いたい」と話していました。

【業務従事者も注意を】。
救急搬送や治療など、今回の事件に業務で携わった人たちについて、奈良県の保健行政の担当者は、「一般の人よりも強い緊張を強いられるなかで事件に接していて、心へのストレスはいっそう大きいと懸念される。消防・救急や医療関係者、それに警察関係者などは注意が必要だ」と指摘しています。
このうち、元総理大臣の救急搬送などに携わった隊員について、奈良市消防局は、当時、出動した24人のうち、6人が自ら心のケアが必要だとして、産業医の面談を受けたことを明らかにしました。
隊員が出動後に医師の面談を受けたケースはこれまでにほとんどなかったということで、消防局は、「銃撃事件というあまり例のない事案が発生したことも踏まえ、隊員たちに産業医の面談を勧めた。引き続き、必要に応じて、カウンセリングなどにも取り組みたい」としています。

【専門家は】。
東日本大震災の発生後、被災者の心のケアに取り組んだ経験があり、いわゆる「惨事ストレス」に詳しい奈良県精神保健福祉センターの伊東千絵子 医師は、大災害や大事件のあと、心や体に不調をきたすのは、ごく自然な反応で、過度に心配し過ぎないよう呼びかけています。
「惨事ストレス」の具体的な反応としては、▼怖い出来事が急に思い出される、▼ひとりでいると不安に感じる、▼ドキドキして落ち着かない、▼眠れない、▼食欲が落ちる、▼頭痛や吐き気がするなどの症状が挙げられるということです。
伊東医師は、「衝撃的な出来事への自然な反応で、誰でもあり得ることだ。多くの場合、体のけがが癒えていくのと同じく自然に回復していく」と指摘しています。
また、こうした反応があらわれたときの過ごし方としては、▽事件に関するニュース映像を見過ぎないことや▽睡眠や食事をしっかりとり、軽い運動をして血行をよくすること、▽交感神経を刺激するカフェインや睡眠の質を悪くするお酒のとりすぎには注意することなどを挙げています。
一方で、不安を感じるなどの反応が1か月以上続く場合には、PTSD=心的外傷後ストレス障害の可能性もあるとして、心配であれば医療機関に相談するよう呼びかけています。
伊東医師は、「しんどいときには信頼できる人に話すと楽になることもある。周囲の人も、寄り添う形で話を聞いてもらえると大きな支えになると思う」と話しています。

【相談窓口】。
今回の事件をめぐり、奈良県と奈良市は、それぞれ、心のケアに関する相談窓口を設けています。
このうち、奈良県は、平日午前9時から午後5時まで、電話での相談を受け付けています。
番号は0744−43−1474です。
また、奈良市は保健所の担当部署での電話相談のほか、顔を見ながらの相談にも対応するため、今月1日から、オンライン相談の運用を始めています。
利用するためには、市のホームページにある予約フォームから希望する日時などの申し込みが必要で、パソコンやスマートフォンを使ってカウンセリングを受けることができます。