環境省 滋賀県など大雨の被災地の自治体に熱中症対策呼びかけ

大雨の被災地では6日、各地で厳しい暑さが予想され、環境省は、被災した人やボランティアの人などの熱中症対策に留意するよう自治体に周知し、注意を呼びかけています。

大雨の被災地では、各地で30度を超える厳しい暑さが予想される中、環境省は、被災した滋賀、山形、新潟、石川、福井の自治体に対し、被災した住民や片付け作業を行うボランティアの人たちの熱中症対策に留意するよう周知文書を出し、注意を呼びかけています。
それによりますと、避難所を運営する際は、避難した人などが水分補給をためらうことがないようトイレの数を十分に確保することや暑さの中、食料などの配給を待つ人が列を作り、屋外にいる時間が長くならないように工夫することなどを求めています。
また、被災した人やボランティアの人たちが屋外で片づけ作業などを行う際、人との距離が確保できる場合や会話をほとんどしない場合はマスクを外し、暑い時間帯を避けて、できるだけ2人以上で作業して互いの体調を確認し合ってほしいとしています。