兵庫県が抗原検査キットの無料配布を開始

新型コロナの感染急拡大でひっ迫する医療機関の負担を軽減しようと、兵庫県は、発熱などの症状がある人を対象に抗原検査キットの無料配布を始めました。

兵庫県内では新型コロナの感染の急拡大で発熱外来に訪れる人が増えていて、医療機関によっては受診を断るケースも出ています。
このため兵庫県は、発熱などの症状がある人に、抗原検査キットの無料配布を始めることになりました。
受け付け初日の5日は、兵庫県の斎藤知事が県内の作業所を訪れ、スタッフが国から届いた検査キットを1つずつ封筒に詰める様子などを視察しました。
無料配布の対象は60歳未満の基礎疾患がない人などで、県の専用サイトから申し込み、早ければ翌日には検査キットが届けられるということです。
検査の結果、陽性だった場合は改めて専用サイトに個人情報を登録し、自宅などでの療養期間が終われば保険請求などに使える「療養証明書」が発行できるということです。
県は、今後、1日に最大で4000回分の検査キットの申し込みを受け付ける予定です。
視察を終えた斎藤知事は「初日の申し込みは想定よりも多かった。高齢者や妊婦など重症化リスクの高い人が必要な医療を受けられるよう、できるだけ早く検査キットを県民に届けたい」と述べました。