阪急と阪神 駅のバリアフリー対応で来年4月から運賃値上げへ

大手私鉄の阪急電鉄と阪神電車は、駅のバリアフリー対応を進めるために必要な費用を利用者にも負担してもらうため、来年(2023年)4月からすべての路線で運賃を10円値上げすると発表しました。

国は去年12月、駅構内などのバリアフリー化を進めるため、転落防止のためのホームドアやエレベーターの設置を行う場合には、国の審査や認可を受けずに届け出を行うだけで、関連する費用を運賃に上乗せすることができる新たな制度を設けました。
阪急電鉄と阪神電車は、今回、この制度を活用して来年4月から運賃を値上げすることを決めました。
値上げの対象は、神戸高速線を除くすべての路線で、▼1回の乗車につき10円、▼通勤定期では6か月で2000円程度値上げします。
一方で、通学定期は対象外としています。
今回の値上げによって、阪急電鉄では年間36億円余り、阪神電車では年間13億円余りの増収を見込んでいて、この資金を活用して、すべての駅にホームドアやエレベーターなどを設置することにしています。
阪急電鉄は2041年春ごろまでに、阪神電車は2042年度ごろまでにすべての駅でバリアフリー対応を完了させるとしています。