24日正午から吹田で不発弾撤去へ

大阪・吹田市の工事現場で4月に見つかった不発弾の撤去作業が24日正午から行われます。
周辺では、住民およそ2000人に避難が呼びかけられ、道路が通行止めになるほか、JRは列車の運転を取りやめます。

吹田市南吹田3丁目のマンションの工事現場では、ことし4月、太平洋戦争中のものと見られるアメリカ製の不発弾が、起爆装置にあたる信管が残ったままの状態で見つかりました。
吹田市は24日正午から陸上自衛隊に処理を依頼して不発弾を撤去する作業を行います。
市は、作業の前後に、市役所と市立吹田第六小学校に一時的な避難場所を設けたうえで、現場から300メートル以内のおよそ950世帯、あわせておよそ2000人の住民に避難を呼びかけ、道路を通行止めにします。
また、JR西日本は、24日正午ごろから夕方にかけ近くを走る▽京都線の大阪と高槻の間、▽おおさか東線の新大阪と放出の間で全列車の運転を取りやめます。
▽さらに、米原と姫路の間で新快速の運転を取りやめるほか▽特急列車は発着駅を変更するためJR西日本は、ホームページなどで運行情報を確認するよう呼びかけています。