明石 歩道橋事故から21年 市の新人職員に教訓伝える研修会

兵庫県明石市の歩道橋で花火大会の見物客11人が死亡した事故から、7月21日で21年です。
事故の教訓を伝えようと、ことし入庁した市の新人職員を対象にした研修会が開かれました。

平成13年(2001年)7月21日、明石市の歩道橋で花火大会の見物客が混雑のなか折り重なるように倒れ、幼い子ども9人を含む11人が死亡し、247人がけがをしました。
事故の教訓を伝え、再発防止につなげようと、市は毎年、研修会を開いていて、21日は、およそ50人の新人職員が参加しました。
研修会では、事故当時、会場の警備を担当していた職員が写真や資料を交えて事故の状況などを説明し、「混雑した会場で救急車を誘導することしかできず、翌日、多くの人が亡くなったことを知りました。いつでも危険があると認識し、市民の安全を守る責務があることを意識してほしい」と述べました。
このあと職員たちは、事故があった歩道橋を訪れ、当時2歳の次男を亡くした下村誠治さんから話を聞き、下村さんは「何年たっても気持ちは楽になりません。事故が起きる、起きないにかかわらず、リスクを発見したら小さなことでも共有し、一つ一つ市民の声に対応してほしい」と訴えました。
そして参加者全員で犠牲になった人たちに黙とうをささげました。