大阪・関西万博 公式キャラクター 愛称は「ミャクミャク」

2025年の大阪・関西万博の開幕まであと1000日となった18日、大阪と東京で記念のイベントが開かれました。
このうち、東京のイベントでは公式キャラクターの愛称が「ミャクミャク」に決まったと発表されました。

開幕まで18日で1000日となった大阪・関西万博への機運を高めようと、大阪と東京で18日夜、記念のイベントが開かれました。
このうち、東京の会場では、岸田総理大臣や実施主体である博覧会協会の十倉雅和会長らの立ち会いのもと、公式キャラクターの愛称が「ミャクミャク」に決まったと発表されました。
水の都・大阪から連想した青いキャラクターと赤い球体が連なるロゴマークと一体となった姿が特徴で、愛称は3万3000点を超える応募の中から選ばれました。
博覧会協会によりますと、親しみやすさに加えて、歴史や伝統を「脈々」と引き継ぐという思いが込められているほか、万博のテーマに「命」が入っていることから「脈」ともつながっているということです。
このあと、東京の会場となった東京スカイツリーでは、万博のイメージカラーである青や赤などにライトアップされました。
一方、大阪の会場では、▽USJのダンサーやキャラクターがパフォーマンスをしたのに続き、▽万博のアンバサダーを務める「コブクロ」が公式テーマソング「この地球の続きを」を初めて披露し、集まった2000人ほどの観客が手をたたくなどして楽しんでいました。
博覧会協会では、今回、愛称が決まった公式キャラクターとともに、万博の機運醸成を図ることにしています。

【パナソニックHDパビリオンの名称発表】。
2025年の大阪・関西万博の開催まで18日で1000日になるのにあわせて、パナソニックホールディングスが展開するパビリオンの名称などを発表し、モノは心の映し鏡だという思いから「ノモの国」に決めたということです。
大阪・関西万博の開催まできょうで1000日となるのを記念して、パナソニックホールディングスが東京でイベントを開きました。
この中で、展開するパビリオンの名称について、「ノモの国」にすることを明らかにしました。
モノは心の持ちようで捉え方が変わり、心の映し鏡だという考えから「モノ」を反対から読み、「ノモ」にすることを決めたとしています。
また、デザインについてはことし3月まで開かれていた「ドバイ万博」の日本館の設計も手がけた建築家の永山祐子さんが担当することが発表され、軽やかで透明感のあるものに決めました。
登壇した永山さんは「皮膚感覚に近く、子どもたちの心が解き放たれるようなデザインにした。未来に対してフラットにいろいろな国の人が話し合う場になればいい」と話していました。
パビリオンでは、パナソニックの最新技術などを体験してもらい、環境問題を考えるきっかけになるような仕掛けを検討しているということです。