万博まで1000日 尼崎市で「空飛ぶクルマ」実演飛行

2025年の大阪・関西万博まで18日で1000日前となるのにあわせて、兵庫県尼崎市では、万博の会場で飛ばすことを目指している「空飛ぶクルマ」について知ってもらおうと、試験機による実演飛行が行われました。

「空飛ぶクルマ」は、ドローンの技術などを応用して人や物を乗せ自動で飛行する乗り物で、大阪・関西万博の会場上空での飛行が予定されるなど、次世代の輸送手段として期待されています。
兵庫県では、民間企業と連携して研究会を立ち上げて実用化を目指してますが、万博まで1000日前となる18日、中国の企業が開発した試験機による実演飛行を行いました。
尼崎市の会場では、全長5.8メートルの機体が8本のアームの先についたプロペラを使って上空30メートルまで浮かび上がると、時速30キロほどの速さで、あらかじめ決められたコースを280メートル飛行し、見学した人たちから拍手がおこっていました。
兵庫県企画部の梶本修子部長は「兵庫県は広いので、山間地の移動などの社会課題を解決するために空飛ぶ車が期待されています。万博まで1000日を前に飛ぶ姿を見て、将来、十分に実用が可能だと感じました」と話していました。