国家公安委員長が奈良市の現場視察 警備状況など説明受ける

安倍元総理大臣が演説中に銃で撃たれて死亡した事件で、17日午前、二之湯国家公安委員長が奈良市の現場を視察し、当時の警備の状況などについて、説明を受けました。

今月8日、奈良市で演説をしていた安倍元総理大臣が銃で撃たれて死亡した事件で、警察は、奈良市に住む無職、山上徹也容疑者(41)を逮捕して殺人の疑いで捜査する一方、襲撃した容疑者を制止できなかった当時の警備について、検証を進めています。
この事件を受けて、二之湯国家公安委員長が17日午前11時半ごろ、現場を訪れ、安倍元総理大臣が銃撃された現場で黙とうし、祈りをささげました。
このあと、奈良県警察本部の鬼塚友章本部長から当時の警備の状況などについて、説明を受けました。
視察を終えた二之湯国家公安委員長は「現場を確認し、このような事案が2度と起こってはいけないという気持ちになった」
と述べました。
その上で、「警備態勢や配置、警護措置などさまざまな問題点が明らかになった。国家公安委員会で議論を重ね、重大な事案が再び起らないように警察に指導して参りたい」と述べました。
今回の事件の警備をめぐっては、警察庁が立ち上げたチームが検証を進めていて、後方の警備が不十分となり、襲撃を防げなかったことなど、当時の問題点を明らかにした上で、体制や配置など要人の警備を見直す方針です。