プロ野球オールスターファン投票 阪神から青柳投手ら4人選出

今月(7月)行われるプロ野球・オールスターゲームのファン投票の結果が発表され、阪神からはリーグトップに並ぶ8勝をあげている青柳晃洋投手が先発投手のファン投票で初めて選ばれるなど、4人が選出されました。

ことしのオールスターゲームは、第1戦が今月26日に福岡市のPayPayドームで、第2戦が27日に松山市の坊ちゃんスタジアムで行われます。
6日はファン投票の結果が発表され、セ・リーグの先発投手では、阪神の青柳投手がファン投票では初めて、監督推薦も含めると3回目の選出となりました。
青柳投手は、今シーズンはここまでリーグトップに並ぶ8勝をあげ、防御率はリーグで唯一の1点台と抜群の安定感を見せています。
また、阪神からは外野手で2人が選ばれ、▼佐藤輝明選手が新人から2年連続で外野手トップの票を集めたほか、▼29試合連続でヒットを打っている近本光司選手が3回目の選出。
▼中継ぎ投手では、リーグトップの22ホールドをマークする4年目の湯浅京己投手が初めて選出されるなど、あわせて4人が選ばれました。
また、オリックスからは、昨シーズンまで2年連続で首位打者に輝いている吉田正尚選手がパ・リーグの外野手で2番目の得票で、4回目の出場を決めました。
オールスターゲームの出場選手は、▼今月11日に選手どうしによる投票、▼13日に監督推薦、▼22日に両リーグそれぞれ最後の1人をファン投票で選ぶ「プラスワン投票」の結果が発表され、全員が出そろいます。