大阪市保健所 新型コロナ死者 92人把握できず 1月〜3月

大阪市保健所は、新型コロナに感染して亡くなったのに死者の数として把握できていなかった人が、ことし1月から3月の間に92人いたことを明らかにしました。
第6波の感染拡大による業務のひっ迫で、確認が後回しになっていたためと説明しています。

これは28日、大阪市保健所の担当者が記者会見を開いて明らかにしました。
それによりますと、これまでに新型コロナに感染し、医療機関に入院したあと、退院など報告がなかった人が今月(6月)時点で170の医療機関で2000人近くいたということです。
こうした入院者について、市保健所が先月(5月)中旬から状況を確認した結果、ことし1月29日から3月24日にかけて92人が亡くなっていたことがわかったということです。
内訳は▼1月が1人、▼2月が56人、▼3月が35人で、この92人を含めて大阪市の死者は2185人となりました。
死亡者の人数を正確に把握できていなかったことについて、大阪市保健所は、新型コロナの第6波の感染拡大による業務のひっ迫で、▼保健所による入院者の状況の確認が後回しになったことや、▼医療機関から保健所への報告が漏れていたことが原因だとしています。
大阪市保健所の高田康治 感染症対策調整担当部長は、「調査が遅れてしまい申し訳なく思っている。今後は医療機関に積極的に働きかけるなどして、スピーディーな把握に努めたい」と話しています。