尼崎市 紛失した全市民の個人情報入りUSBメモリー見つかる

兵庫県尼崎市は23日紛失を明らかにした46万人余りの市民の個人情報が入ったUSBメモリーについて、24日、見つかったと発表しました。
尼崎市の市長は記者会見し、「市民の皆様に大変なご迷惑、そしてご心配をおかけしましたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。

尼崎市は23日、46万人余りのすべての市民の個人情報が入ったUSBメモリーを業務を委託していた会社の担当者が紛失したことを明らかにしていましたが、24日、見つかったと発表しました。
これを受けて稲村和美市長が記者会見を開き、「市民の皆様に大変なご迷惑、そしてご心配をおかけしましたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。
業務の委託を受けていた会社「BIPROGY」によりますと、USBメモリーを紛失した関係会社の40代の男性社員は酒に酔って帰宅する途中に路上で寝てしまい、USBメモリーの入ったかばんがなくなったことに気付いたということです。
24日朝から本人が警察官とともに探したところ、大阪・吹田市のマンションの敷地内でUSBメモリーが入ったかばんとともに見つかったということです。
会社によりますと、USBメモリーのパスワードが変更された形跡はないということですが情報の漏えいがなかったかどうか引き続き、調べるということです。
BIPROGYの平岡昭良社長は記者会見で、「このたびは、お預かりした大切な情報を紛失する事態となり、市民の皆様、尼崎市、および関係各位に多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くおわび申し上げます」と述べました。

【尼崎市民は】。
尼崎市民からは安どと憤りの声が聞かれました。
60代の男性は「気軽に持ち出すべきものではないのに管理がずさんだと思った。早く見つかってよかったが、会見のときに暗証番号の桁数を明らかにするなど対応が甘いなと思う」と話していました。
また、40代の女性は「USBメモリーは見つかったが、その中身が本当に流出していないのかちゃんと検証をしてほしい。市民に謝罪をして、今後どうしていくのかきちんと説明してほしい」と話していました。

【尼崎市長“心よりおわび”】。
稲村和美市長が会見を開き、「市民の皆様に大変なご迷惑、そしてご心配をおかけしましたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪しました。
また、「USBメモリーが見つかったことについてはほっとしたというか、このときにも誰かの手に渡っているのではないかという気持ちでいたので、ひとまず良かったという思いで一報を聞きました」と述べました。
そのうえで、再発防止策を検討するため、情報セキュリティーに詳しい専門家や弁護士など外部有識者による第三者委員会を設置することを明らかにしました。
また、市民からの相談に応じるために設置していた電話窓口に23日一日だけで1万6000件の問い合わせがあったとしたうえで、番号を変更して、当面継続することも発表しました。
番号は、「0120−746−370」で土日祝日を含め、25日から毎日午前9時から午後7時まで対応するということです。

【発見の経緯】。
大阪府警によりますと、24日朝から警察官とともに紛失した会社の担当者が当時の記憶をたどりながらさがしたところ、24日昼ごろ、吹田市内のマンションの敷地内でUSBの入ったかばんを見つけたということです。
担当者は、このマンションに立ち寄った記憶があるということで、かばんの中身についてはUSBを含め、なくなったものはないと話しているということです。

【パスワードめぐりネットで波紋】。
今回のUSBメモリーの紛失をめぐっては、尼崎市の担当者が記者会見で
パスワードの桁数に言及したことから、インターネット上でパスワードに関する憶測が出たり、市の対応に疑問の声が上がったりするなど大きな関心を集めました。
これについて尼崎市は、NHKの取材に対し、「安全を期してパスワードをかけていることを丁寧に説明しようという意図で言及したと思うが、セキュリティー面を踏まえれば、言及を控えるべきだったと考えている」と話しています。