大阪北部地震から4年 高槻市の小学校で市長らが黙とう

大阪府北部で震度6弱の揺れを観測する地震が起きてから18日で4年です。
地震の揺れでブロック塀が倒れ、女子児童が亡くなった大阪・高槻市の小学校では、市長らが黙とうをささげるともに災害に強い町づくりを進めることを誓いました。

4年前の6月18日、大阪府北部で震度6弱の揺れを観測した地震では、高槻市の寿栄小学校でプールのブロック塀が40メートルにわたって倒れ、通学途中の4年生の女子児童が下敷きになって亡くなりました。
地震から4年となる18日、現場近くには献花台が設けられ、高槻市の濱田剛史市長などが花を手向けたあと、地震が起きた午前7時58分にあわせて黙とうしました。
濱田市長は「亡くなられた女子児童のご遺族に心よりおわび申し上げます。二度とこのようなことが起こらないよう、災害に強い町づくりに今後も力を入れていきます」と述べました。
高槻市は、すべての公共施設でブロック塀の撤去とフェンスなどへの切り替えを進めていて、小学校と中学校は今年度までに、幼稚園や公民館などそのほかの公共施設は2028年度までに完了する予定です。
また、民間の住宅などに対してはブロック塀の撤去に必要な費用を補助しており、昨年度は68件の申請を受け付けたということです。