法隆寺のクラウドファンディング 半日足らずで目標額達成

奈良県斑鳩町にある世界遺産、法隆寺が、参拝者の大幅な減少で境内の整備費用を十分に捻出できないとして、15日から始めたクラウドファンディングは、半日足らずで目標としていた2000万円の寄付が集まりました。

世界遺産の法隆寺は、新型コロナの影響で参拝者が大幅に落ち込み、樹木の手入れなど境内の整備費用を十分に捻出するのが難しい状況が続いているとして、15日午後2時からクラウドファンディングで寄付を募りました。
その結果、次々と寄付が集まり、半日足らずの16日午前0時半ごろに、目標額の2000万円に達しました。
クラウドファンディングは、目標を達成したあとも続けられることになっていて、16日午後5時すぎの時点で、2400人以上から、目標額のおよそ2倍にあたる4000万円近くの寄付が集まっています。
想定以上の寄付が集まり、返礼品がなくなった場合は打ち切ることも検討していましたが、寺は代替品を用意するなどして来月(7月)29日まで募集することを決めたということです。
法隆寺の大野正法 執事長は「多くの人が法隆寺を守ろうという思いを持ってくださりありがたいです。寄付はまず境内の整備に使い、余裕があれば美術工芸品などの修復に回します。使いみちはネットなどで公開します」と話しています。

【応援コメントも多数】。
法隆寺が始めたクラウドファンディングを紹介するホームページには、寄付を行った人たちなどから寺を応援するコメントが多く書き込まれています。
応援のコメントは、16日午前11時の時点で1600件以上が寄せられ、「頑張ってください!」とか、「微力ながら支援させていただきます」など今回の取り組みに賛同するものが目立っています。
コメントのなかには、「世界遺産の法隆寺が整備費などで困っておられることにとても驚きました」とか、何度も参拝に訪れているという人から、「コロナ禍もあり、最近は参拝できておりません。少しでもお役に立てば」というものがみられました。
このほか、「修学旅行で訪れた時、なんて落ち着くとこだろうと思った場所です。少しでも力になれば」などの書き込みもあり、修学旅行の人気スポットでもある法隆寺に対し、多くの人が親しみを感じていることがうかがえます。