日本維新の会 尼崎市議 政務活動費 不適切処理で離党

日本維新の会の尼崎市議会議員が、会派の政務活動費合わせて250万円を会派の同意を得ずに引き出して、自身の口座に移すなど不適切な経理処理をしていたと指摘を受け、14日付けで離党しました。
市議は「説明責任を果たして理解をいただけるよう尽力したい」としています。

日本維新の会尼崎市議団によりますと、会派の幹事長を務める光本圭佑 議員が、ことし4月に議会事務局から会派に入金された政務活動費のうち、あわせて250万円を会派の同意を得ずに引き出し、自身の口座に移していたということです。
14日、市議会の各会派の代表者の会議に出席した光本議員は、事実関係を認めたうえで、「市長選挙の公認候補擁立をめぐって会派が割れると思った。その時に割を食わないよう政務活動費を守らないといけないという心理状況だった」などと説明しました。
また、14日の聞き取りの中で、光本議員は、去年8月に政務活動費で購入したパソコンなどの納品書を偽造して、議会事務局に提出していたことも指摘され、「レシートが見つかれば差し替えればよいと思った」と述べました。
光本議員は14日付けで離党し、記者団に対し「説明責任を果たして理解をいただけるよう尽力したい」と述べました。
日本維新の会尼崎市議団は、引き続き光本議員の経理処理について調査を進めるとしています。

【松井代表“法的問題あれば辞職”】。
日本維新の会の松井代表は15日、記者団に対し、「法的な問題があれば議員辞職はやむなしだと思う。法的な問題がなくても、尼崎市の使途基準を逸脱した行為があったならば、市民や有権者からみておかしいとなるので、そのときは、政治家として潔く出処進退は自分で決めるべきだ。党としての処分は兵庫維新の会が調査をしたうえで判断する」と述べました。